学校や職場でインフルエンザが流行っていても、自分は元気だし大丈夫と思っている人は注意です。インフルエンザにも潜伏期間が存在して、気づいたら身体が怠くなっているかもしれません。潜伏期間についてや症状などしっかり理解してしかるべき対処をしましょう。今回はインフルエンザについて詳しく解説します。

インフルエンザの主な症状

インフルエンザで発熱した女性

インフルエンザは毎年流行していますが、ウィルスに感染した後1~3日ほど過ぎると、急激に症状が出るという特徴があります。
主な症状としては、38度を超える高熱、全身の倦怠感、関節痛、食欲不振、頭痛、筋肉痛といったものになります。
その中でも、インフルエンザの初期症状として高熱と全身の倦怠感が強く出る傾向があります。
倦怠感とはだるさのことで、身体がだるく感じる状態です。
このような症状は全身的なもので、風邪との区別にも使われます。

筋肉痛もインフルエンザ特有の症状で、関節痛を訴える患者さんも多いです。
このような全身症状は5日ほど続きます。
高熱が出るまでに悪寒を感じるという人も多いです。
発症は急激で、昨日まで元気だったのに急に高熱が出てしまうということが多いです。
非常に感染力の強い病気で、クラスや職場、家庭内に感染者がいるとあっという間に広まってしまいます。
インフルエンザの高熱などの全身症状が治まってくると、次にあらわれるのが、咳や鼻水といった局所的なものになります。
けれども、インフルエンザにかかっていても高熱が出ないケースもあります。

B型は比較的発熱が出ないことが多く、下痢や吐き気といった消化器に症状が出ることがあるためです。
インフルエンザは感染性の病気なので、自己判断をせずに、いつもと違うと思ったら病院に行くことが大切です。
予防接種をしていると感染しても症状が軽くなり、発熱が起こらないというケースもあります。
インフルエンザは熱が下がると体が楽になりますが、体内にはウィルスが残っている状態です。
熱が下がっただけで、元気になったと判断して学校や仕事に行ってしまうと、感染者を増やしてしまいます。
インフルエンザになってしまった場合は、かかってから5日を経過しているだけでなく、熱が下がってから2日以上たっていることが学校や職場に行ける条件になります。
両方の条件を満たさなければ、外出してはいけません。

意外?47都道府県でインフルエンザ感染者が多い場所

インフルエンザは感染力が強いために、全国的に流行してしまいます。
そのような中で、47都道府県の中でも感染者が多い場所と少ない場所に分かれることは意外と知られていません。

全国の中でもインフルエンザの感染者が多いのは、沖縄です。
日本では病院ごとに感染者の数を記録して、どのように流行しているのかを調べます。
病院ごとに1人のインフルエンザの感染者が受診すると流行したという判断になりますが、沖縄ではひとつの病院に対して6人もの感染者が受診しています。
秋田県でも多く、ひとつの病院に対して7人の感染者が受診しています。
その他では、北海道がひとつの病院に対して2人の感染者が来院するなど、流行の状態を示しています。
2人というのは少ないと感じるかもしれませんが、ひとつの病院に対しての数字なので、北海道の2人という数字は十分流行の状態を示しています。

この場所というのは、毎年同じではなく、その年によって感染者が多い都道府県は変わってきます。
人数が多い所では爆発的に増えるので、東京などの首都圏で流行してしまうと患者さんの数は大きく増えてしまいます。
インフルエンザの流行の状態は、病院だけでなく、学校や保育園、幼稚園といった学級閉鎖の状態によっても知ることができます。
流行が広まると、学級閉鎖だけでなく学年閉鎖、そして学校閉鎖というように段階が広がっていきます。
それだけインフルエンザというのは感染力が強い病気であるということが分かります。
感染したかもしれないとおもったら、病院を受診して陽性の結果が出たらむやみに外出しないように気を付けましょう。
マスクをするなどのエチケットを徹底して、感染を広げないようにする必要があります。