学校や職場でインフルエンザが流行っていても、自分は元気だし大丈夫と思っている人は注意です。インフルエンザにも潜伏期間が存在して、気づいたら身体が怠くなっているかもしれません。潜伏期間についてや症状などしっかり理解してしかるべき対処をしましょう。今回はインフルエンザについて詳しく解説します。

インフルエンザの潜伏期間にしてはいけないことって?

肌寒い季節

寒くなってくるとインフルエンザが流行を始めます。
風邪と違って38度から40度という高熱や強烈な筋肉痛・倦怠感と症状は重く、更には感染力が強いため出席停止となってしまいます。

そんなインフルエンザはインフルエンザウイルスが原因で感染します。
感染者と接触することで、あるいは感染者が咳をするなどして空気中に拡がったウイルスにより飛沫感染するのです。
かかってしまうとウイルスの潜伏期間はたった1日か2日程度、非常に短いのが特徴です。

潜伏期間の段階であれば身体のだるさ・悪寒・のどや鼻の乾燥といった風邪と似たような症状を感じるはずです。
風邪も流行っている時期だからこそ単なる風邪と誤認して会社や学校に無理に行くのは決してしてはいけないことです。
なぜならたとえ潜伏期間であろうとも感染力を持っているからです。
というよりも潜伏期間は1日か2日程度であり、感染力は発症する1日前からなので、感染するとすぐに自身も人に移してしまう危険性を持つのです。
そのことを自覚して、行動してください。

潜伏期間が過ぎると一気に熱が上がり、体中が痛くなるのでたとえ動きたくとも動けなくなるでしょう。
医師からも出席停止を言い渡されるはずです。
とはいえ、その時点でもう次の誰かに移してしまっているかもしれません。
少しでもウイルスを広げてインフルエンザを流行させないためにも、マスクもせず人ごみの中に入っていくような行為はしてはいけないです。
まだ軽い段階ですぐに自宅で安静にして休むようにしましょう。
家族との接触もできる限り控えてください。
予防接種を受けることでたとえ感染していても熱がそれほど上がらなかったり、身体の痛みがでなかったりということもあるので更に注意は必要です。

菌を広げないためにも、もらってこないためにも冬の寒い時期に人ごみの中に出かけていくのはできる限り避けるようにしましょう。
どうしてもという場合には、たとえ健康体であってもマスクは必須です。

インフルエンザ潜伏期間中に菌を殺す方法

高熱や身体の痛みといった苦しみを味わわないためにはまだ潜伏期間の間に殺菌してしまうのが一番です。
感染したかもというときにはさまざまな対策を取りましょう。

もしも感染者に接触したのであれば手洗いうがいをしてください。
症状が現れる前に菌を洗い流してしまうのです。
室内にも菌が溜まっているでしょうから換気しましょう。
寒い時期ではありますが、1時間から2時間に1度くらいのペースで行うのが理想とされています。

インフルエンザウイルスは温度が低く湿度の低い環境を好みます。
そのため寒くて乾燥する冬場に流行するのです。
部屋は20度前後に温め、加湿器などを置いて湿度も高く保ちましょう。
夏と違ってのどは乾かないかもしれませんが、意識して水分を取るようにすることも大切です。
殺菌とまではいかなくとも活動がにぶるはずです。
日頃からバランスの良い食事・質のよい睡眠など、規則正しい生活を続けていて身体に免疫力がついていれば、そのまま自身の力で退治することもできます。

インフルエンザ治療薬の中には治療だけでなく予防のための薬というのもあります。
予防で用いるというなら保険適用外になってはしまうものの、同居している家族がインフルエンザになった時にその他の家族が共倒れにならないためにも処方してもらってもよいでしょう。
加湿しながら温かい部屋で栄養のあるものを食べるようにするのがよいのですが家族みんな倒れていては看護者がいなくなってしまいます。

インフルエンザを発症してしまった場合、大変です。
できればかからないように、たとえかかっても潜伏期間でだけ終わるように日頃から気をつけているようにしましょう。
どうしても出かけなければならないというようなときもマスクなどできちんと予防しましょう。